Annyeonghaseyo! Alo! Bongu! Bonjour! CaNH yy! Chao ban! Ciao! Geia Sas! Halo! Hei! Hello! ¡Hola! Kamusta! Kia ora! Konnichiwa! Merhaba! Namaste! Nin Hao! Oi! Sabaidi! Ola! Shalom! Swas di! Xin Chao!

言語学習は、幼い時に言語に接することが大変効果的であると証明されております。幼い時に言語に接することにより、ミドルスクールやハイスクール時に学習するよりも言語及びそれに伴うスキルをより早く習得できます。

CASでは、「もう一歩先の未来を見据えた教育」をモットーとしております。バイリンガルはもとより、トライリンガル(第一、第二、第三言語)となるため、新たな言語に触れ、そして言語学習に集中できる指導を学齢前の段階で行っております。

ほとんどの学生は、ご両親がバイリンガルでない限りは、一つの言語のみを使用しています。CASでは、経験豊富な各言語のネイティブスピーカーが講師として活躍しております。本校では、6歳時(グレード1学年時)において流暢に言語を話せることを目標としております。学生は、CASの正規のカリキュラムと平行して、「美術、音楽、そして体育(学齢前レベル)」の授業を受けます。本校は、これを大変重要なカリキュラムと考えております。このカリキュラムは、英語、フランス語、ドイツ語、日本語、中国語、スペイン語に翻訳されており、「the Center on the Social and Emotional Foundations」を参考にしております。また、「Vanderbilt University, University of Illinois, University of South Florida, Georgetown University, and University of Colorado at Denver」の職員からも支持されています。

CASの保育園及び幼稚園における英語教師は、流暢に英語を話し、英語以外を母国語とする園児が授業に遅れをとらないように適切にサポートします。また、本校では当サポート(終日)を幼稚園高学年から開始します。

CASの保育園-1歳児(Baby)、2歳児(Toddler)、及び3歳児(Nursery)-では、英語、フランス語、ドイツ語、日本語、中国語、もしくはスペイン語での教育をご両親に選択していただけます。授業時間は、週15時間、毎日午前8時から11時までとなっております。

延長保育:午前11時から午後3時まで英語で行われている授業を、週20時間、追加で受講することが可能です。

CASの幼稚園-4歳児(Junior Kinder)でも同様の教育を行っており、授業を受ける言語をご両親に選択していただけます。授業時間は、選択言語での授業週18時間+英語での授業が週8時間、毎日午前8時半から午後12時半までとなっております。

延長保育:午後12時半から3時まで英語で行われている授業を、週12時間、追加で受講することが可能です。

延長保育:ランチタイム、お昼寝時間、目標を設定したアクティビティ、そして運動を放課後のプログラムとして午後2時半から3時半まで行います。

ASP活動は、学期によってその内容が異なり、期間は6週間から8週間です;各学期の初頭には、プログラムのスケジュール作成に関してのアンケート調査を実施しております。